客家語を、学んでいます 我正在學客家話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

你好,我是管理員的南。
因為我就讀成功大學的台灣文學系,所以客家語是必修課程。
 
在完全沒有任何一般常識的狀態下,從開始學客家話到這週為止,已經經過兩個月了。
期中考也拿了還滿慘的分數…。
 
スポンサーリンク

客家話好難喔!!

 
こんにちは、管理人の南です。
私、成功大學の台湾文学部なので客家語が必修です。
 
全く予備知識もないままに客家語を学び始めて今週で2ヶ月になります。
中間試験では見るも無残な点数をとりました…。
 
客家語難しいよ!!
 
img_20160920_163710-1
 
究竟客家的起源是什麼?從何而來?我還是搞不太清楚。
是這樣嗎?↓
 
そもそも客家とは何か、そこからいまいちよくわかりません。
こうですか?↓
 
・在明朝末期~清朝初期之際,依序來到台灣。
 
・初期來的時候很零散,也因為環境差異經常跟他人之間的紛爭不斷,客家人們為了避難,多次在台灣本島內遷徙移動。
 
 
・在台灣的客家人,大多集中居住的地方,北部為桃園、新竹、苗栗。南部為高雄、屏東的六堆一帶。中部是台中、南投、彰化、雲林。東部則是宜蘭、花蓮及台東部分區域。
 
・因為客家人來台灣的時間比較晚,所以人口數也不多。
 
・為了避免跟其他民族之間的戰爭,特地選了居住困難的區域生活。但也因為這樣,產生很多疾病或自然災害等等嚴重的問題。
 
大略將教科書的內容大意翻譯過後,感覺客家人給人的印象是「很吃苦耐勞」、「非常勤勉」。
為了維持良好的互動關係,特地選擇到居住困難的區域去生活,雖然這個部分在很多民族裡都曾經看過,但做這個選擇絕對會是非常辛苦的啊…,光就教科書看得懂的部分來看的話,也可以察覺到這一點。
 
 
・明朝末期~清朝初期にかけて、順番に台湾に来た。
 
・来た時期がバラバラで、環境も異なった他人々の間で争いが絶えなかったため、客家の人たちはそれを避けるため台湾本島の中でも何度も移動をした。
 
・台湾で客家人が集中して住むのは、北部は桃園県、新竹県、苗栗県。南部は高雄市、屏東県六堆地域。中部は台中市、南投県、彰化県、雲林県。東部は宜蘭県、花蓮県、台東県の一部。
・客家人は台湾に渡来した時期が遅く、人数も少なかった。
・ほかの民族と戦わないために住みにくい場所をわざと選んで住んだ。しかし、病気や自然災害の問題は深刻があった。
 
教科書をざっくり訳してまとめると、客家人の印象は「苦労が絶えない」「頑張り屋」という感じです。
良好な人間関係を保つためにわざわざ住みにくい地帯で暮らす選択をする、という部分はどの民族にも見られますが
この選択をしたことで本当に苦労したんだろうなぁ…と、教科書の読める部分だけ読んでも察することができます。
 
place
 
從2004年的調查來看,「自認為自己是客家人」的客家人數有285萬9000人。
要說是多還是少的話,我覺得是算少的。。。
 
在台灣,客家語的流傳好像每年都會少掉5%左右。
甚至,在客家人方面,13歲以下能流暢地說客語的百分比僅佔11.6%,甚或根據2003年的統計,會說客家話,或者聽得懂的人僅佔了43.6%!?
 
雖然我有「在大學學客家話的用意是什麼??」的疑問,但看了這個數據之後,大致上能體諒了。
再這樣下去,好像客家話真的會失傳…。
 
但即使是這樣,連中文都還無法好好表達的我,若要流暢地學會客家話還是有點困難…。
 
在期末考前我想要努力的學習客家話。
 
募集客家語→日本語的言語交換對象!
 
有懂客家話,又想學日文的人嗎??
 
2004年の調査によると、「自らを客家人と認識する」客家人は285万9000人。
多いのか少ないのかで言ったら少ないんだと思います。。。
 
台湾での客家語シェア率は毎年年5%の割合で失われているらしいですね。
しかも、客家人のうち、13歳以下で客家語を流暢に話せるのは11.6%だけ、更に2003年の時点で、客家語を話せる、もしくは理解できる人は約43.6%だけ!?
 
大学で客家語を習う意味ってなんだろう??と疑問だったのですが、この数字を見ると納得です。
このままだと本当に客家語、なくなってしまいそうです…。
 
だからといって中国語すらちゃんと話せない私が客家語を流暢に話せるようになるかって言ったら無理なんですけど…。
 
期末試験までにもうちょっと客家語の勉強頑張りたいです。
 
客家語→日本語の言語交換相手を募集しています!
客家語の分かる、日本語を勉強したい方、いませんか??
 
台湾部落格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. stan より:

    我是客家人,客家話真的不好學喔~