專門學校留學的事/専門学校留学について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【專門學校留學的事】
許多人是為了學習日本的技術,而前往日本留學。
專門學校的學費並不便宜,然而意外地在專門學校裡卻經常可以看到留學生的身影。
專門術語的日語對於日本人來說也是相當困難的,所以我十分佩服這些專門學校的留學生。


之前也有稍微提到過,有些專門學校裡也有可以學習日文的日語學科。
而若能從為期兩年的專門學程裡畢業,就可以得到「專門士」的資格。
因此有些專門學校的兩年制日語學科,畢業之後也可以得到專門士的資格。對於想要擁有日本學歷的人而言,或許是一個不錯的選項。

在專門學校裡使用著專業術語的日文,學習專業技術,對於外國人來說是十分困難的。
費盡千辛萬苦畢業之後,可以的話,都會想在日本利用這項專業技術就職吧。
然而十分可惜的是,無法成功就業的人也為數不少。
這裡所謂的「無法就業」並非是指能力上的不足,而是指在「取得簽證」上,無法取得工作簽證。

在日本想要申請工作簽證,審查的條件是「大學/專門學校的畢業生,就職單位裡負責的職務,必須與在學校內習得的專業技術相關」。
例如:從料理的專門學校畢業之後,卻在商業公司就職,這種情形是無法取得工作簽證的。(雖然我是覺得不會有這麽極端的例子發生。)

留學生從專門學校畢業之後,在日本無法成功就業的原因可能比想像中的還要多。
例如甜點專門學校之類的料理科系,其他像是美容師、動畫工作者、聲優、演員等,與媒體業或是服務業相關的工作,在就職上似乎就比較困難。原因是無法滿足簽證要求的公司比想像中的還要多(工作時數不足、月薪過低等)。畢業之後才察覺到這個事實,難免會讓人覺得扼腕。畢業之後若無法成功在日本就業,回國這個選項之外,途中申請進入大學的三年級部也是有可能的。

想要前往專門學校留學的人,把這些事情都記在心裡,仔細地考慮過之後再去留學會比較好喔。
下次會介紹留學簽證的「資格外活動」申請,也就是打工的相關事情。
請敬請期待!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【専門学校留学について】

日本に留学する目的に日本の技術を学びに来たい、という人は多いです。
専門学校の学費は安くはありませんが、意外に留学生の方もちょくちょくみかけます。
専門用語の日本語は日本人でも難しいのに、留学生のみなさんは勤勉だなぁ、と感心しています。
以前にも少し書きましたが、専門学校でも日本語学科がある学校があり、日本語の勉強もできるところがあります。
そして、2年間の専門課程を卒業すれば「専門士」の資格を得ることができます。
2年間日本語の勉強をすれば「専門士」を取得することができる学校もあるので、日本での学歴が欲しいと考えている人にはいいかもしれません。

外国人が専門学校で専門的な技術を日本語を使って勉強するのは、とても難しいです。
苦労して卒業し、その後はできれば日本でその技術を使って就職したいですよね。
ですが、残念なことに就職できない人も多いです。
この「就職できない」というのは能力的にではなく「ビザ的に」就職できないという意味です。

日本では、就労ビザ申請で「大学/専門学校での専攻が就職先の業務内容と一致していること」が審査対象になります。
例えば専門学校で料理を勉強したあと、商社で働く、というのはできません(こんな極端なことはないと思いますが)。

留学生が専門学校卒業後に日本で就職できなかった問題は、思ったより少なくないですね。
例えば製菓学校などの料理系、他には美容師やアニメクリエーター、声優さんや役者など、メディアやサービス技術関係への就職は難しいようです。ビザの条件(給料や業務時間など)を満たすことのできない就職先が多いのがその理由で、卒業後に初めてその事実を知るのはあまりにも悲しい。卒業後に就職できなければ、帰国の選択肢以外にも大学へ3年次編入も可能です。

専門学校へ留学を考えている人は、以上のことも頭に入れて日本へ行ったほうが良いです。
次回は留学ビザでの資格外活動、つまりアルバイトについて少し話します。
ご期待ください。

台湾部落格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする