台南の交通マナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

pexels-photo-122477-large

你好! 我是管理員的南。
其實我從到台灣之後直到現在20歲了,但我去年才學會怎麼騎腳踏車。
雖然這個年紀下在台灣練習騎腳踏車,而且現在已經漸漸熟悉到可以騎腳踏車上學了,
不過對於台南人亂七八糟的開車習慣還是非常不能理解,
因此,這次就來寫寫我對於自己所感受的台南交通吧!
 
こんにちは管理人の南です。
実は私、台湾に来るまで、しかも去年まで自転車に乗れなかった20歳でした。
そんな台湾でこの年になって自転車練習を始めた私ですが、毎日の通学に移動に使用し続け、自転車にも慣れてきた今日この頃。
台南のめちゃくちゃfeeling判断な運転手達のハンドルさばきも理解できてきました。
と、いうことで、今回は私が感じる台南の交通事情について書いていきたいと思います。
 
スポンサーリンク

左駕

首先,就從最基本的開始,
左駕。
 
まず、基本的なことですが
左ハンドルです。
 
由於汽車行駛的方向與日本相反的關係,在人很少且深夜的時候用日本人的習慣去騎腳踏車的話,很容易與高速行駛的機車發生相撞,
這是非常有可能發生的事情,要十分注意。
 
日本と逆にクルマが走っていますので、うっかり人通りの少ない深夜に日本感覚で自転車を走らせるとスピード出しすぎのバイクと正面衝突。
なんてことになりかねませんので要注意。
 
大家都說台南的交通是非常危險的,實際在這裡生活才一年後,以行人的角度觀察後,發現危險的地方在於機車實在太多了,且馬路上違停的車子也多,導致有時候人行道被車輛塞住,
不得不在馬路上行走。
 
で、みんな台南の交通は非常に危険だといいますが、実際徒歩オンリーで1年間生活してみて感じた危険といえば、バイクが多いことで時折路上駐車に歩道が塞がれて車道を歩かなきゃ行けない局面が出てくるくらいでしょうか。
 
雖然大家不特別覺得什麼,但我個人認為這樣的行為是非常危險的。
 
みんなが特別騒ぎ立てるほど、危険な箇所って個人的には思いつきません。
 

機車

與日本之間有著絕對不同的地方是機車的數量。
不管信號燈與靠感覺的開車在日本的鄉下地方也是相當的多,嗯…並不是特別的在意。
 
日本との決定的な差はバイクの量です。
信号無視やfeeling運転は田舎なら日本でも多々あることなので、まぁ、あまり気にしてはいません。
 

腳踏車

在台南用腳踏車移動是比想像中還要簡單了一點。
不管是在人行道上騎或是與機車一起在慢車道上騎都很OK。
因此不需要特別的去等待信號燈非常的方便,
但是不知道為何偶爾會有機車在人行道上騎,關於這點要十分的注意。
 
台南の自転車移動は思っているより簡単でした。
歩道を走ってもバイクと同じ「慢車」ゾーンを走ってもOK。
それゆえ信号待ちが少なくて済むという結構便利な感じです。
ただ、時折なぜかバイクも歩道を走ってくることがあるので要注意。

兩段式的左轉,也就是信號要等兩次。
這時候就會覺得當個行人真好,但現在已經不是那麼的介意了。
 
曲がるときは二段階。
信号を2回待つ感じです。
これが歩行者のほうが楽だと感じる原因でしたが、今ではあまり気にならなくなりました。
 
腳踏車也騎了幾個月了,由於是在台南馬路上騎腳踏車出生的我,
搞不好現在在日本騎腳踏車會很不習慣呢。
大慨這種靠感覺騎腳踏車的習慣已經滲入了我身體。
 
自転車に乗ってみて数ヶ月。
台南で車道デビューした私はもしかしたらもう日本で普通に走れないかもしれないです。
だいぶfeeling運転が身についてしまいました。

注意事項

雖然如此,既然特別寫了一篇文章,那麼在台南騎腳踏車的注意事項是
・注意突然打開的汽車車門
・注意突然切入車道的伯伯和婆婆所騎的機車
・注意那些不懂腳踏車速度的機車
・注意邊駕駛邊使用手機的汽車
大慨就是這些了吧。
 
そんなこんなでわざわざ記事に起こしましたが、台南で自転車に乗る時の注意点とかは
・突然開くドアに注意
・突然割り込んでくるおっさんおばさんのバイクに注意
・自転車の速度感を理解せず詰めてくるバイクに注意
・スマホいじってる車の運転手に注意
こんなものでしょう。
 
現在看來台灣人對於智慧型手機的依賴比日本人還要嚴重,
在開車時不時使用的手機的人比比皆是,
如果發現這樣的駕駛,儘可能地與他們保持一定的距離。
 
見ている限り台湾は日本よりスマホ依存度が高そうです。
運転中もちょくちょく見てる人を見かけます。
そういう運転手を見つけたら出来るだけそいつから距離を取るようにしてます。

腳踏車的價格大約是2000元多一點,
在台南是生活必需品,買了不會吃虧。
 
自転車の価格は2000元ちょい。
台南で生活するなら買って損はなさそうです。

祝大家都有個平安的留學生活!
 
みなさんの安全な留学生活をお祈りしています
加油!
台湾部落格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする