東京大學的學生以台南為題材所設計的都市計畫,在日本得到了最優秀獎!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
最近在日本似乎掀起了一股「台灣熱」,但台南的知名度還遠遠不夠!
但來過台南的日本人都會迷上這裡呢!與日本匆忙的生活步調不同,這裡悠閒的生活氣氛,會令日本人忍不住停下腳步呢。
 
原本只是打算來短期旅行,卻在不知不覺中變成了長期停留之類的,常常聽到這樣的展開呢。
而在日本第一的東京大學裡,也有一位被台南魅力所吸引的學生。
 
現在是東京大學工學系研究所主修都市工學的他,以台南作為都市空間設計的題材,所製作的大學畢業專題,出色地得到了最優秀獎。
專題名是「沁透街巷 – 以台灣台南市為例,都市空間的漸進更新設計」
 
說實話,在日本的評選競賽裡,一個以台南作為主題的作品為何會得到最優秀獎,這個理由可說是令人怎麼想也想不通。大家不好奇為什麼嗎?
我非常的好奇啊!!
 
而這樣一個難得的作品,居然沒有在台南做發表!
基於這個原因,近期在台南將會舉辦一個這位學生的發表會!
 
スポンサーリンク

詳細

 
日期:5月28日(六)
地點:成功大學建築系館5101教室
入場時間:13:30~
開始時間:14:00~17:00
現場只有170個位子,當天排隊依序進場,所以請大家提早來排隊。不然有可能沒有位子喔
從事與設計相關工作的人,或是跟我一樣有些好奇的一般民眾,都歡迎來參加喔。
 
建築海報定案 01
 
 
最近は日本でも台湾ブームが来ているようですが台南の知名度はまだまだ!
しかし、台南に訪れた日本人は台南にハマる!日本とは違いゆったりとした空気感が日本人の足を留めてしまうのでしょう! 
 
ちょっとの旅行のつもりで台南に来たのに長期滞在になってしまったなんて話も耳にします。
日本一の東京大学の生徒も台南に魅せられた一人です。
 
彼は現在、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻の生徒で、大学の卒業制作として台南を題材に都市空間を設計し、見事最優秀賞を受賞したようです。
題名は
「沁透街巷-台湾台南市における都市空間の漸進的更新設計」
 
正直日本のコンクールで台南を題材にした作品がなぜか最優秀賞を採っているのかわかわかりませんが、皆さんもどんな作品か気になりませんか?
私は非常に気になります!
 
しかも、せっかくの作品をまだ台南で発表してない!
ということで彼の作品の発表の場を設けました!
 
開催日:5月28日(六)
地點:成功大學建築系館5101教室
開場時間:13時30分〜
講演時間:14時〜17時
 
設計に関わっている人や、その他一般の気になっちゃってる方もどうぞご参加下さい。 
台湾部落格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする