中國出差→「要注意安全喔」 台灣出差→「誒!太棒了吧!」 香港出差→「屌喔!」這是為什麼呢?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
中国出張→「気をつけてね」 
台湾出張→「へー!いいね!」 
香港出張→「カッコイイ!」はなぜなのか?
 
  
一聽到「國外出差」這四個字,就會讓人有「是個很能幹的商務人士」的印象。
但隨著出差地的不同,是不是羨慕的程度也會有所改變呢?
 
「海外出張」と聞くとなんだか「仕事ができるビジネスマン」のイメージがありますが、行く国によって羨ましさの度合いが変わりませんか?
 
スポンサーリンク

出差中國的反應

在中國,反日意識依然是很強烈的。如果有日本人要去出差,「要注意安全喔」十之八九都是這樣的叮嚀。
擔心都來不及了,哪還會羨慕呢?
 
中国出張の反応
やはり反日というイメージが強く、日本人が出張に行く場合は「気をつけてね」という言葉が自動的に返ってきます。
羨ましいという感情は生まれず、心配になっちゃいます。
 

出差台灣的反應

「嗯哼。這樣啊~。太棒了~!」大概都是這樣無關痛癢的反應。
 
台湾出張の反応
「ふーん。そうなんだ~。良いね〜!」と当り障りのない反応が返ってきそうなイメージです。
 

出差香港的反應

「誒?挺厲害的嘛!屌喔!」讓人有這樣帥氣的印象。
可能是對話都用英語,而且隨隨便便就可以大撈一筆的感覺吧。
 
香港出張の反応
「え?凄いじゃん!カッコイイ!」となんだかイケてるイメージです。
恐らく会話は英語だし、やたら稼いでそうな感じがします。
 
2016 05 27 16 14 07

まとめ

聽到歐美出差大家都覺得好羨慕吧!
最近才發現香港出差比台灣出差聽起來帥!
不知道為什麼?應該用英文溝通的關係!
 
欧米に出張と聞くと誰もが憧れてしまうのは否めません。
最近気づいたんですが、台湾出張より香港出張の方が何故か格好良く思えてしまうのはやはり英語を使うという印象からなのでしょうか?