有關台灣和日本的結婚(台湾と日本の結婚式について)9月21日 交流會報告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

有關紅包的金額(ご祝儀について)

台灣是以偶數的數字去包紅包,但不會用4這個數字,日本也是ㄧ樣的。基本大約在台幣2200~6600元左右,如果不出席婚禮的話,大約台幣1200~2000元。
 
日本的話是以奇數的數字,大約是日幣3~5萬左右。而且日本除了婚禮之外還有2次會,也是需要參加費。不管台灣和日本,婚禮的花費都是相當可觀的。
いきなりお金の話になりますが・・・笑
台湾ではご祝儀のことを紅包と呼び、偶数の金額を包みます。ただし、4の付く数字は縁起が悪いとされており包んではいけません。これは日本と同じですね。
一人あたりの相場は大体2200元〜6600元くらいですが、もし結婚式に欠席する場合は大体1200元〜2000元包んで送ります。
日本でのご祝儀は大体3万〜5万くらいですね。それに加えて2次会に参加する場合は参加費が必要です。
台湾も日本も、結婚式に参加するだけでもそれなりの費用がかかりますね。
 

婚禮的流程(結婚式の流れ)

多少順番は前後しますが大体こんな流れになります。
 
台灣
1、受付、紅包の受け渡し
2、引き出物のプレゼント
台湾では、新婦から参加者に対し喜餅(クッキー)をプレゼントします。
3、新郎新婦のプロフィールビデオ上映
4、新郎新婦の入場
5、来賓の挨拶
6、新郎新婦の再入場
7、テーブルラウンド
台湾では新郎新婦とその両親が各ゲストのテーブルを回り、ゲストと乾杯します。
8、ゲストの見送り(&新婦お色直し)、プチギフトのプレゼント
 
1、收紅包、簽名
2、新娘發放喜餅
3、播放新郎和新娘認識過程的影片
4、新人初進場
5、致詞(來賓)
6、新人二次入場
7、逐桌敬酒
8、送客(新娘第三次換裝)、發喜糖
 
 
日本
1、受付、ご祝儀の受け渡し
2、新郎新婦の入場
3、上司、友人のスピーチ
4、乾杯の挨拶
5、新郎新婦のプロフィールビデオ上映
6、余興や出し物の披露
7、新郎新婦の再入場
8、キャンドルサービス・ケーキカットおよびテーブルラウンド
9、両親の挨拶
10、新郎新婦の挨拶
11、ゲストの見送り、プチギフトのプレゼント
 
1、報到、收紅包
2、新人入場
3、上司發表演講
4、舉杯慶祝開場
5、播放新人認識交往過程影片
6、娛興節目表演
7、二次入場
8、點蠟燭儀式切蛋糕
9、新人的雙親致詞
10、新人致詞
11、送客、發送伴手禮
 

婚禮料理(結婚式の料理について)

 
1、オードブル
2、魚翅羹(フカヒレスープ)
3〜6、メイン料理
7、フルーツ
8、佛跳牆(伝統的な高級スープ)
9、甜湯(温かいスイーツ)
10、甜點(アイス等のスイーツ)
 
台灣的是以中式料理為主,大約是10道菜去出餐,從第一道前菜拼盤、第二道羹,第三道開始就是含有祝福的料理出餐,到第七道就會出水果,第8道佛跳牆,第九、十道是甜湯和甜品。
 
台湾のは中華料理となっており、だいたい10品が振る舞われます。まずは前菜盛り合わせ、2品目はあんかけスープ、3品目からはおめでたい料理が出され、7品目にはフルーツ、8品目には佛跳牆、9-10はデザートとなっています。
 
 
日本大多是以法國料理為主,聽說這樣比高級的樣子所以不會有日式料理。跟台灣最大的差別是日本的婚禮有逐桌點蠟燭和切蛋糕的儀式,而且在新人還沒敬酒前,大家都是等待著乾杯和開動。反觀台灣比較隨興更熱鬧,因為上菜前,大家就可以開始喝酒嗑瓜子來互相認識連絡感情。
 
日本ではほとんどの場合、フランス料理のフルコースが振る舞われます。あまり和食が出ることはありません。
それから、日本ではキャンドルサービスとウェディングケーキの入刀がありますが、台湾では行わないことも多いです。他にも、乾杯の挨拶が終わるまで食事と飲み物に口をつけてはいけませんが、台湾ではその辺りは結構自由で、料理が並ぶ前からお酒を飲みつつ歓談をするのが普通です。

總結まとめ

台式日式婚禮大不同,如果有機會的話,大家可以試著看看去參加異國的婚禮,體驗文化吧。
 
台湾と日本の結婚式のスタイルは大きく異なりますね。もし機会があれば、皆さんも異国の結婚式に参加して、その国の文化を経験してみてくださいね! 
台湾部落格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする