關於台灣的書本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5
關於台灣的書本
 
スポンサーリンク

在台灣閱讀中文版的書

 
大家好,我是管理人的南。
喜歡書的我這次想寫一些關於台灣書籍的事。
 
台湾で中国語版の本を読む
 
こんにちは、管理人の南です。
今回は元本好きの私が、台湾の書籍についてちょっと書いてみたいと思います。
 
來台灣已經快兩年了
因為中文的程度還不夠,好久沒看書了,但是最近變成大學生也漸漸可以閱讀一些文字了。就當作順便練習,來讀看看中文的書吧!一時興起前往書店。
 
台湾に来て約2年。
中国語のレベルが足りないこともあり、読書から少し遠ざかっていたんですが、ここ最近、大学生になるにあたって少し字が読めるようになってきたので、ここらで勉強も兼ねて中国語の本を読んでみよう!と、思い立ち本屋に行きました。
雖然這麼說
但突然就挑戰全部是中文的書實在讓人提不起勁,想說先從日本作家的翻譯著手,於是找了東野圭吾、伊坂幸太郎等等高中時喜歡的作家的書。
 
とはいえ、
いきなり全部中国語の本ではモチベーションが上がらないので、日本の作家さんの本が翻訳されたものから手を付けようと思い、東野圭吾、伊坂幸太郎など高校生の頃大好きだった作家さんの本を探しました。
 

有了!!

伊坂的作品中最喜歡的《死神的精確度》。
 
あった!!
伊坂作品の中で最も好きな死神の精度。
si3 shen2 de jing1 que4 du4
 
用片假名來念的話就是「シーシェンダジンチェドゥ」呢…。
好像別的東西一樣,真新鮮!!
順帶一提這本書的小說我重看了好幾次,還看了電影版。
伊坂老師的作品的魅力是,在搞笑的場景中插入有節奏感的台詞,跟在緊張的場景中富有緊張感的情景描寫。
我現在還是好喜歡他的作品,在老家還有親筆簽名的書。
 
日本語読みすると「シーシェンダジンチェドゥ」ですかね…。
とても別物感があって新鮮です!!
因みにこの本、小説版は幾度と読み返しましたし、映像化されたものも見ました。
伊坂さんの作品の魅力はコミカルなシーンでのテンポのいい台詞回しと、シリアスなシーンでの緊迫感あふれる情景描写です。
この方の作品は今でも大好きです。実家にサイン本があったりもします。
 
あと、、、

ao4 du4 bang1 de qi2 dao3
 
這個是…「オゥドゥバンダチーダオ」…。
奧杜邦的祈禱。是從約翰‧詹姆斯‧奧杜邦的旅鴿的世界衍生出的作品。
故事的舞台在仙台,所以在中文版中也有很多日本的專有名詞,我的印象是蠻好讀的。
 
これも…「オゥドゥバンダチーダオ」です…。
オーデュボンの祈り。ジェームスオーデュボン(「ジェームズオーデュボン」のほうが正しいと思います)のリョウコバト(リョコウバト)の世界を生かした作品です。
仙台が舞台なので、中国語版も日本ならではの固有名詞が多く、読みやすい印象でした。
 
 
 
接著是乙一的作品,意料之外的多。
因為還沒讀所以不能下任何評論,
但我很好奇台灣會怎麼翻譯他獨特的表現手法。
台灣的未成年保護制度是如何運作的呢?
如果在嚴格的國家的話,被劃分為不妥的內容好像會比較多。山田悠介這類受日本年輕人青睞的作家在作品中的表現比較直接一些,在海外版中會被如何詮釋呢?我非常有興趣。
 
更に乙一作品も意外とありました。
まだ読んでいないので何とも言えないのですが
この方の独特な表現なんかはどうやって訳しているのか気になります。
台湾の未成年規制なんかはどうなっているのでしょう。
キビっしい国だとアウトな表現なども多そうです。山田悠介等も然り日本の若者向け作品の作家さんたちは切り込んだ表現が多いので海外版ではどのように表現されているのかとても興味深いです。
 
xia4 tian1   yan1 huo3   wo3 de shi1 ti3
   
這個作品是乙一的話題作「夏天‧煙火‧我的屍體」
念法是「シャーテン、イェンホゥ、ウォーダシーティ」
這個是直譯所以比較可以理解。
因為是在日本得了獎的作品,所以日文版我看得蠻認真的,尋找兩者的不同很好玩。
 
この作品は、乙一の話題作「夏と花火と私の死体」
「シャーテン、イェンホゥ、ウォーダシーティ」です。

これは比較的直訳なので納得。

日本でも賞を取った作品で、日本語版は結構読み込んでいるので相違点を探すのが楽しいと思います。
 
 


最後は東野先生。

shei2 sha1 le ta1
「シェイシャーラター」
這在中文版變成「誰殺了她」。
前一陣子在機場買了日文版。照著順序在閱讀它們。真是期待呢。
 
「シェイシャーラター」
これは中文版だと「誰が彼女を殺した」になっています。
これはこの間空港で日本語版を購入しました。順番に読んでいきます。楽しみです。
 
台灣的書有一點很好玩,不知道為什麼,小說的封面都很薄。
在感覺The厚紙的書本中,有書衣的書很少。
因此,我有點怕直接把小說大小的書放進包包裡。不過最近我很愛用手作的硬皮書專用書套。
而且感覺內文的紙質沒有日本的好。平常比較常看二手書所以沒有注意到,但最近回日本時摸到紀伊國屋的新書,那好像會切到手的觸感真是驚人。不過因為裝訂得很堅固所以比較重一些,不管是日本的還是台灣的書,「各有不同的好處所以都很棒喔!」基於這樣的論點我都愛。
 
台湾の本ってちょっと面白くて、理由はわからないですがハードカバーサイズの本も表紙がペラペラです。
ザ・厚紙という感じの表紙で、カバーがある本は少ないです。
なので、台湾のハードカバー本をカバンに直接入れるのは少し怖い…。最近では手作りしたハードカバー用のブックカバーを愛用しています。
中の紙も日本のものより少し質が悪い目な気がしています。普段古本の方がよく手に取るのであまり気にしてはいませんが、最近日本に帰国した際に紀伊国屋で手にした新書の、切れそうな手触りにびっくりしました。ただ、装丁がしっかりしている分若干重たいので、日本の本も台湾の本も、「みんな違ってみんないい」論で私は両方愛しています。
 
 

大作家的名字

作家さんの名前
 
 
 
順帶一提各個作家的名字是這樣念的:

ちなみに各作家さんの名前ですが、それぞれ

yi1 ban3 xing4 tai4 lang2

「イーバン、シンタイラン」

yi3 yi1

「イー・イー」

dong1 ye3 gui1 wu2

就算用關鍵字「東野圭吾 中文 名字」來查也不一定查得到所以寫一下。
還有在台灣也很有名的「村上春樹」和「宮部美幸」…
 
「トンイェ・グイウー」

になります。東野圭吾 中国語 名前で検索しても出るかもしれませんが一応書いておきます。

あと、こっちでも有名な「村上春樹」「宮部みゆき」は……

cun1 shang4 chun1 shu4

「チュンシャン・ジュンシュー」

gong1 bu4 mei3 xing4
宮部老師的名字是平假名,感覺漢字就是這樣。
 
「ゴンブー・メイシン」です。

宮部先生はお名前が平仮名なので感じはこの当て字になっています。

 

名字的翻譯很有趣呢。

我個人覺得中文最好玩的就是拼音。
為外來語或是新詞附上特殊的拼音。
例如說…。
mini skirt(迷你裙),念法就是「ミーニーチュン」。
發音是「mini」,漢字的意思也是「迷亂你的裙子」
…實際上的確是(笑)
 

名前の当て字って面白いんです。

個人的に中国語で一番面白いのは当て字だと思っています。
外来語や新語は特にユニークな当て字が付いています。

たとえば…
ミニスカートは「迷你裾」読み方は「ミーニーチュン」。
音もちゃんと「ミニ」だし、漢字の意味も「あなたを惑わすスカート」

…実に的確(笑)
 

本篇的結論

在台灣,可以比較快拿到中文版的最新書。
從開賣日期來看,是為了趕上日本的發行時間而同時翻譯的嗎??雖然不太清楚但新書出版速度好快啊。
我本來以為會晚日本一年多,可是人氣作家的作品發售日跟日本差不多,很快就擺在書店裡了。
日本人作家的區域意料之外的大,真的有賣這麼多嗎?
漫畫也有很多作品都有翻譯版展示在架上。
 
我為了練習中文,從日本拿回幾本文庫本,兩本交替閱讀,發現翻譯意外的忠實。就連是對話最多的漫畫也只是細部有些不同而已,比想像中更直譯。
 
還沒讀的東西太多了,雖然用的是龜速,但我還是會努力把它們看完的。
 
還有,我現在在找西尾維新的作品。
在日文版中他把伏筆埋在許多笑話、語法和語尾中,我十分好奇中文會如何翻譯…
雖然還沒找到但我想一定有的!!!
要是有其他有趣的書再介紹給大家喔。
 
本事情まとめ
 
台湾では中文版なら比較的最新刊も手に入ります。
発売日からして日本での発行に間に合うように同時翻訳してるんじゃないでしょうか??よくわからないですが新刊出るの早いです。
日本より1年くらい遅れるかと思っていましたが人気の作家さんの作品は日本の発売とほぼ変わらず店頭に並びます。

意外に日本人作家のコーナーも大きいのでそれなりに需要があるんではないでしょうか。

漫画もかなりの数の作品が翻訳されて並んでいます。

 
私は中国語の勉強の為に、日本から文庫型になった本を何冊か持って帰って2冊かわりばんこに読んだりしていますが、意外と翻訳は忠実です。会話文の多い漫画の場合細部は少し変わりますが思っていたより直訳でした。

まだ読めない部分が多くて亀の歩みですが頑張って全部読破したいと思います。
 
 
 

あと、今、西尾維新作品を探しています。

彼の日本語独特のジョークや言い回し、語尾に含ませる伏線が中国語ではどのように表現されるのかがとっても気になります。。

まだ見つけられていないのですがきっとあるはず!!!
また面白いものを見つけたら紹介します。

 
台湾部落格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする